2008年07月27日

聖地☆巡礼

■タイトルで見当が付く方は、きっと仲間です。

■連休の最終日、レンタカーを借りて春日部方面に行ってきました。
お互いそんなにハマっているわけではないのに、ら/き/す/たの舞台を見に行きました。
「いまいちハマり切れないけど、場所を見に行ったら、色々見えてくるのかな」
とは、相方談。
街マニアらしい発言です。
せっかくなので、ク/レ/ヨ/ン/し/ん/ち/ゃ/んの舞台も調べてくればよかったねえ。と話していたのは横に置きます。

たわごとには書きませんでしたが、以前彼がどハマリしている『美/鳥/の/日/々』舞台巡りツアーにも行きました。
湘南モノレール全線沿いと、行ける範囲の舞台を巡り、おそらく十数キロ歩いてへろへろになった過去があります。

■レンタカーに乗り、まずは春日部へ。
主人公達が通う高校のモデルとなった学校前を通ります。

本当は車を止めて写真を撮りたかったのですが、それをやったら犯罪なので自重しました。
なので写真はありません。
自分が運転していたので、それほどゆっくりは見られなかったですが、割とアニメの雰囲気まんまでした。
でも予想よりも建物は古そうでした。

■次に向かったのは春日部駅。

diary080727_01.jpg


オープニングの一カットです。
つかさちゃんが踊っている場所です。
春日部駅前は思ったより都会でした。

ただ、春日部駅周辺は、アニメの背景とあまり繋がらなかったですね。
そんなに背景に愛がある作品ではないのかねえ。と言いながら街をぶらぶら。

春日部駅の反対側に行きます。
こっちがメインの改札のようです。

「東武鉄道って、最終的には東急田園都市線に繋がるんだね」
「だったらみゆきさんも通えるね」
と話したとたん。

近くにいた女子高生がこっちを見ました。

あの目は明らかに、今の会話の真相を知っている!

いたたまれなくなって、その場を離れました。

春日部は、割とイメージ通りの、それなりに東京からは距離があるけど通える範囲にある街でした。
街の再開発の仕方とか、寂れ方とかが。

相方がオブジェの上に置かれた自転車という奇妙なものを発見。
カメラを構えたとき、ふと停車中のバスを見ました。

女子高生がこっちに向かってピースしているのは気のせいでしょうか。
周りには我々以外の人間はいないのですが。

春日部ガール、おそるべし。

■気を取り直して、次に向かうは鷲宮神社。
最初「さぎみや」と読んでいたのは内緒で。

鷲宮神社は、関東で一番古い神社だそうです。
それが今や、ら/き/す/たの聖地になっていようとは。

まあ三連休だし、我々の仲間も来ているのかねえ。と話しつつ、鷲宮の街を通ります。

なんかね、街が古いんです。
寂れているというよりも、昔からある街という感じが伝わってきます。
車を走らせているのは、間違いなく参道ですし。

思ったより色々見えそうな街にワクワクドキドキしつつ、神社に到着。

diary080727_04.jpg


立派な神社です。
かがみんが歩いていたのは、この場所とは違いますよね。

駐車場に向かうと。

数台の痛車を発見。

さらに、一人のレイヤーと、彼らを囲む数人の男。


オフ会か? これはオフ会なのか?
ごめん、俺たち甘く見ていたよ!

などと苦笑しつつ、本堂を参ります。

diary080727_05.jpg
(撮影:相方)


由緒ある神社です。
とりあえず内部にはグッズは売っていなくて、ホッとしたようなガッカリしたような。
人形流しの行事があるので、結構伝統がある神社だね。と相方が話していました。

境内を一通り周り、大変なことになっているらしい絵馬を見に行きます。

大変なことになっていました。

ら/き/す/たを中心に、いろんなイラストが描いた絵馬がずらずらかけられています。
何枚か写真を撮ったのですが、アップするとまずそうなので割愛。
漫画家の宣伝とか、有明祭りのスタッフ一同の絵馬もありました。すげえな。
イラストを来るたびに飾っている人も複数いて、35回目とかいう強者もいました。

さらに、原 作 者 降 臨 !!

家に帰って写真を見て気づいたのですが、アイロンプリントで絵馬にプリントしている模様です。
直描きではないのですね。
つうか、原作者も27回目。日付が来た日の二日前。
「本物?」と話していたら、近くにいたお兄さんが即座に反応していました。

あと、噂の茶屋を見ましたよ。

diary080727_07.jpg


メニュー自重。なにげに○ッコロ様も混ざってるし。

diary080727_03.jpg

diary080727_06.jpg

diary080727_02.jpg


他にも色々自重。
てか、絵馬型石碑(?)自分と相方が映っていてスイマセン。

■もう少し鷲宮の街を歩きます。
静かな街です。
暑かったのであまりうろうろできませんでしたが、もう少し本腰入れて歩きたい場所です。

ふと、おそば屋を通った我々に、戦慄が走りました。

diary080727_08.jpg
(撮影:相方(笑))


協賛は神社前の茶屋だけじゃなかったのか!
しかも店主らしきおじさんと思い切り目が合ってしまい、空腹だった我々は、色々負けてお店に入りました。

普通のそば屋でしたよ。
フィギュアと原作漫画が置いてあるところとら/き/す/たの割り箸入れが来たこと以外は。
かがみの鏡餅そばを頼みましたが何か?

それにしても、そば屋のおばちゃんが優しかったです。
スタンプラリー(やってたんですよ)の紙をもらおうか悩んでいたときに「よかったら押しますよ」と笑顔で言ってくれました。
記念にもらっておきました。

そんなこんなで、聖地☆巡礼は一区切り。

■この後、乗馬クラブ内にある古い窯や渡良瀬遊水池を見たのですが、力尽きたので今回はここまで。
気が向いたら写真をアップします。
posted by ふうる at 03:55| Comment(0) | TrackBack(1) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103661228

この記事へのトラックバック

痛車de「マジカル・ミステリー・ツアー」!
Excerpt: 最近流行の「痛車」。乗るとまさに「マジカル・ミステリー・ツアー」! でも「痛車」じゃ言葉の響きも悪いので、名称を変えませんか?
Weblog: 新しい時代を語るブログ
Tracked: 2008-08-09 14:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。