2011年12月03日

(写真たくさん)豊郷・彦根探訪

■じゅらい&ふうるの、映画けいおん!を上映初日12月3日0:45開演で見に行った方、ふうるです。
なにやってる妊婦。
原稿進んでないのにごめんなさい。

感想はネタバレ抵触しまくりなので言えませんが、ファン映画として非常に面白かったです。
ムギちゃんかわええ。


■先々週になりますか。豊郷と彦根に一泊二日で行ってきました。
楽しかったです。

■初日はけいおん!の学校のモデルとされてる(実は公式でない)豊郷小学校旧校舎群がある豊郷町に行ってきました。
当日はあいにくの大雨、移動が大変でした。
しかもこの日はとよさとアニメフェスタの開催日。客足が伸びずに屋台の人たちが大変そうでした。
(日程を決めてからイベントがあることを知りました)
とはいえ、人は結構来ていました。

相方たちが製作している本の関係で、けいおん聖地巡礼の仕掛人の一人のインタビューを聞くことができました。
なかなか面白いことが聞けました。
冬コミでこれらのエピソードを含めた同人誌が出るらしいです。

豊郷町自体は行くの二回目ですが、前回写真をアップしなかったので載せてみます。
けいおん見ていない人には置いてけぼり過ぎてすみません。
サムネでどうぞ。

diary111203_06.jpg

モデルとなった校舎。
昭和13年だったかな。にウェールズ事務所が作った学校だそうです。
この時代にボイラー暖房でトイレが水洗というなんじゃそりゃな小学校です。
今は豊郷小学校を中心とした資料館になってます。
…が、けいおんファンの集う場所としてのが人は多いです。


diary111203_07.jpg

diary111203_08.jpg
よく登場する階段


diary111203_09.jpg

diary111203_05.jpg

diary111203_02.jpg
OPや本編で出てきたもの。
これら含めて音楽室のセットが色々あったのですが、全部有志が持ち寄ったものとか。


diary111203_03.jpg

diary111203_04.jpg
落書きコーナーも。
落書きノートもあります。


■写真は撮らなかったのですが、この前に豊郷町をぶらぶら。
豊郷町は近江商人が多く住む街道沿いの町で、伊藤忠と丸紅の創設者の出身地でもあります。
このあたりの成功した商人は自分の故郷に何かやらなければいけないという信念を持っている方が多いらしく、豪華絢爛な豊郷小学校も伊藤忠の偉い人がお金を出したらしいです。
隣町(現在の行政区分では豊郷町なのですが)には西武の創設者である堤氏の出身地もあるらしいですし、他にも近江商人の話を聞きました。
かつてはかなり賑わっていた町のようです。

あと、資料館などの人が語るのが好きな人が多くて、いろんなエピソードを教えてもらいました。
地元が好きな方々なので差し引いて聞く部分も多いですが、それでも非常に楽しい話が聞けました。
明智光秀のコスプレをして豊会館に来た歴女(そんな表現はしてなかったですが)、正直に名乗りなさい。

元々はけいおん巡礼のはずが、豊郷町はきっと面白い街だ! そうに違いない! と相方が言い出したのが旅行二回目のきっかけでした。
街マニア的に非常に面白い場所のようです。


■二日目は彦根まったり探索。
朝早くから彦根城に行きます。
中に入るには時間がかかったので、周辺をぶらぶらしてました。
またまたサムネイル写真でどうぞ。

diary111203_15.jpg
彦根城前のポストにはお城が付いてます。

diary111203_13.jpg
天秤櫓の橋。
橋ではなく、橋に繋がってる建物が左右対称で天秤に見えたための名称だそうです。


diary111203_12.jpg
彦根城天守閣。
朝早かったのですんなり中に入れたのですが、昼前には入場30分待ちだったとか。


diary111203_16.jpg
天守閣から見た琵琶湖。
天守閣上まで上りましたよええ。


前日に豊郷の資料館の人が詳しく教えてくれたのですが、天守閣とお城の主要部分はすぐに使えるように関ヶ原の戦いで敗れたお城の部品を持ち寄って建てたのだそうです。
だから城下町完成は20年くらいの歳月を使いましたが、天守閣周辺だけは5年くらいでできたそうです。
確かに建物によって様式が違うんですよね。

■次に行ったのは玄宮園というお庭。
城の側にあるいざとなったら軍事用に使えそうな、でもきれいなお庭でした。

diary111203_10.jpg

diary111203_11.jpg
庭から見た彦根城


疲れたので茶席で一服。
庭付属の茶席って、一番いい景色が見れるのでお得です。
しかもお菓子がおいしい!
他の人とお茶を点ててくれた方の会話によると、地元の和菓子屋で作ってるとか。
場所の説明もしていたので後で行ってみることにしました。
やはり彦根の方はおしゃべり好きが多い印象です。

でもって彦根名物の一つといえば、ひこにゃん!
時間が合ったのでひこにゃんショーを見に行きました。

よくできてました。
静止画ひこにゃんもかわいいと思ってましたが、着ぐるみで動くひこにゃんが予想よりずっとかわいくてビックリ。
ナレーションのお兄さんやショートしての見せ方もよくできていて、売れるコンテンツはどこか違うなと場違いなことを考えてました。

diary111203_01.jpg
ひこにゃん。実は写真の大半がひこにゃんです(笑)
動画もいくつか撮ってます(笑)


diary111203_14.jpg
オマケのぎんにゃん。
高校のマスコットキャラってw


彦根の街をぐるっとして、和菓子屋を見つけてしこたま買って、ひこにゃんグッズを少し買って帰路につきました。
(実はけいおんグッズは相方がしこたま買ってたのは内緒)
旅行はいいですね。
しばらくはおあずけですが。

posted by ふうる at 16:00| Comment(2) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Google画像検索で、偶然見た写真にピンと来ました。
出身者です。

天秤櫓の橋ですか。懐かしいですねぇ。
名前があったんですね。

写真左側、天守に登っていく石垣は、石垣の作りが左右で綺麗に別れていたと記憶しています。
石の積み方のクオリティが左右で異なって、
隙間無く積んでいる側と、荒い積み方で隙間だらけの側がありました。

城を攻める敵から守る為に隙間を無くすのが本来の積み方だ、と私の祖父が教えてくれました。

太平洋戦争では彦根にも空襲があり、その時は、とにかく城に立て籠ったそうです。
立て籠った効果があったとは思えませんし、空襲の規模も大したことは無かったようですが、
ともかく、彦根城は当時も周辺地域のシンボルだったようです。
Posted by 通りすがり at 2015年01月17日 04:44
>通りすがりさん

何年も放置してるブログへのコメント、ありがとうございます。

天秤櫓の橋の情報もありがとうございます!
組み方で橋の美しさを表現するあたり、当時の城建築技術の高さと、戦争で使う事があまり考えてられてなさげな感じがありますね。

太平洋戦争の事も含め、地元の方のお話はありがたいです。
Posted by ふうる at 2015年01月17日 05:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。